スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧って?


麻子です♪





もう一日だけ、舞台のことを書きます!

今回の響塾の舞台は、「10年10作プロジェクト」の第6作目


初年度からずーっと、PAを担当してくださっているのが

「おしょうさん」こと 山寺紀康さん


プロの素晴らしい舞台を数多く手がけるおしょうさんに

ずっと舞台の音を守ってもらえていること

本当に心強い! 私たち、恵まれています!


そして 毎年毎年 私たち塾生や 「カピュムとパピュム」の出演者を

まっすぐに 温かく 見ていてくださることに

とっても励まされ 支えられています


下記は、今年の舞台に対する、おしょうさんのtweetです

化粧でどうなるんだろう。隠す、ごまかす、誇示?

一昨日のアクターアクトレス達は輝いていた。そのどれでもなく、かえってありのままだった。

楽しさ、嬉しさが表現できていた。自己肯定につながるんだな。

そんな時は素顔も素敵だ。言葉と体がつながっていた。

環境に同化する力がついている。響舞響塾。


http://twitter.com/oshowland/status/574703762503168000

これ読んで、ちょっとナミダ(´;ω;`)


化粧によって、かえってありのまま、、、


毎年ヘアメイクを担当してくれる、フロムハンドメイクアップアカデミーのみなさん


楠瀬先生からのリクエストは

「一度、その人の顔を消すくらいに化粧をする。そこから出てくるその人らしさを見たい」

今年は特に、ハードルが高かったと思います


打ち合わせを重ね、メイクリハーサルを繰り返し、自主練に取り組み、、、

メイクスタッフ、ほーんとにがんばってくれました!


こうした裏話は、おしょうさんの知る由もないのですが

彼らは ちゃんと ちゃーんと 高いハードルを乗り越えて

私たちも それを受けて立つ(?) ことができたんだな と

本当に感慨深いです


舞台って 見えないところも含め ありのままが伝わるんだな

それがうれしくもあり こわくもある

だからこそ ありのままを磨こう


そんなことを 感じました
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://asako393.blog105.fc2.com/tb.php/236-edda1cdd

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

asako393

Author:asako393
セラピスト&アーティスト
麻子です

明治大学文学部卒業
心のセルフケアに関心を持ち、心理学を学ぶ。

2007年
産業カウンセラー資格取得

アドラー心理学、傾聴、認知行動療法、まなゆいなどをベースに
独自のセッションや講座を行っています

2015年、あたらしいアートセラピー「自分詩」を始動♪

アーティストとしては、
☆歌 絵 彫刻 衣装デザイン 詞と詩 などのジャンルで活動

また、 
☆執筆 出版企画 教育 などにも関わり 

幅広い活動で「勇気とユーモア」を発信しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。