スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉月さんの【自分詩】

麻子です♪


春からスタートした

「自分詩」モニターセッション

おかげさまで、たくさんの方に受けていただき

とーっても好評です(^-^)

正式リリースに向けて、もろもろ調整段階に入っています

今日は、つい最近、葉月さんとのセッションで生まれた ふたつの詩を

ご紹介しますね♪

「 体 験 」    葉月さんへ  麻子

「夢は絶対に叶う」
そう言われて 元気をもらった私
「太陽は まぶしく あたたかい」
だから?  と思う私

孤独の毒に やられそうになった私
「孤独でもいいんだ」と 伝えたい私

体験のすべては 毒にも 薬にも
体験のすべては 選ぶことができる

私が伝えたいのは そのことかもしれない

「定めるということ」  葉月

自分の人生には
決定と 運命がある

決定には 意志が集まり働く
運命は その仕組みは分からないが
確かに動いている
時計の裏側の
歯車のように

私は運命を信じている
だがそれ以上に思うのは
自分の人生を
決定する自分を
信じていかなければと
いうことだ

シンデレラの例を
挙げると、
王子様との出逢いは
運命だが、
舞踏会に行ったのは
彼女の決定なのだ

決定なくして
運命は動かない

運命は決定を
待っている。

そして決定は
私の心を
待っているのだ。


●【自分詩セッション】 葉月さんの感想

自分の精神的な事柄、特に深い部分に関して、それを文章化することは、あまり一般的なことではないのかも知れない。

ただ自分を認識するにはとても有効であり、気付くことだけでも次のステップに進める。

更に麻子先生がその事柄を共有してくださるので、客観的とは行かないまでも、ある種鏡のように自分の姿を映し出すことが出来る。

その時間、また詩を書いて頂くことはとても貴重なことであると思う。

普通そうしたことをしてもらえる機会はないからで、生活に豊かさが補給出来るひとときになる。これが自分詩セラピーの特色である。

また、あまり詩作などされたことのない人は、麻子先生の詩作とその世界を感じられるだけでも刺激的な時間になると思われる。

葉月さん、素敵な詩と、【自分詩】の魅力をわかりやすく書いてくれたご感想、
ありがとうございます♪

葉月さんのこれからを、応援しています(*^_^*)
スポンサーサイト

詩 「 至 温 」 (からだ化粧)


麻子です♪




からだ化粧Facebook page

小林照子先生の 「からだ化粧」 作品からインスパイアされた詩を
麻子が書いています

先日アップされた詩は 「 至 温 」 

動画は、この詩に太郎が曲をつけたものです( 続く「炎」も、からだ化粧の詩から生まれた楽曲です )




至 温  (しおん)

ことば まなざし 笑顔
そして 手のあたたかさ

人はいろいろなやり方で 
ぬくもりを伝えあう

ぬくもりが伝わると 
人はやさしさを思い出す

ぬくもりが伝わると 
人は内側から輝き出す





美容の神髄とは何か?

というようなテーマで 照子先生にお話を伺っていた時

:結局はぬくもりに至る、という結論に

そこから生まれた詩です


今読み返すと

美容に限らず、「セラピー」とは結局、ぬくもりに至るのではないか

そんな風に感じます

この詩は書籍 『 からだ化粧 触発 』 (自由国民社) にもおさめられています

視覚的にはもちろん、紙の質感や手に持った時の重さなど
水崎真奈美さんによるブックデザインもすばらしいんです

ぜひ手に取って、確かめてみてね!

ビアンカちゃんの自分詩「踊るように生きる」

麻子です♪






ベリーダンサーで
コラージュのファシリテーターとしても活動する
ビアンカちゃんと
交換セッションしました(*^◯^*)


まずは、私がリードする
「自分詩」セッションから

ビアンカちゃんのお話を聴いて
こんな詩が生まれました



「 踊るように生きる 」

踊るために生きる
それが 私の精一杯だった

でも 今は違う

私は
私の選んだ場所で
踊るように生きている

それでいい
それが私

(2015年5月 ビアンカちゃんへ 麻子)


この詩をビアちゃんに捧げて

私自身も

歌うように生き
絵を描くように生き
セッションするように生きる

そんな生き方をしたいなあと
思いました(^O^)

ちなみに ビアンカちゃん
6月7日の ライブでは
素敵なベリーダンスを披露してくれます

必見&乞うご期待!

ゆうこりんの「自分詩」

麻子です♪







大好評の「自分詩」セッション

先日は、ゆうこりんに体験してもらいました(*^_^*)

ゆうこりんが書いたのは

人生は、アート

というタイトルの 素敵な詩☆彡

セッションの様子や感想も とってもわかりやすく 愛を込めて書いてくださいました

ゆうこりん、ありがとう♪

そんなゆうこりんに、私が書いた詩は、、、



大 丈 夫


ありがとう ここに来てくれて

うれしいな あなたに会えて

大丈夫 そう伝えたくて

ずっとこの日を 待っていました



笑顔の あなたも

笑顔になれない あなたも

私は愛しく思います


大丈夫 

そう伝えられたことが

私はとっても うれしいです



( ゆうこりんへ 麻子 2015年春に )





自分詩ができるまで

麻子です♪



昨日は たまちゃんに捧げた 自分詩

「はじまりさん」をご紹介しました



今日は 自分詩セッションがどのように行われるのか

大まかな流れを お伝えしたいと思います

(あくまで現状なので、今後変わる可能性もあります)


「自分詩」セッションでは

まず その方の生き方や 大切にしていることについて

カウンセリング的に お話をうかがいます


カウンセリング的 というのは

心理分析をするとかいうことではありません

聴き手の主観ではなく 話し手に寄り添って

共感的に 話を聴くということです


同時に 詩を作る という目的があるので

詩の材料となる言葉を 一緒に探し出していくための 質問も 織り交ぜていきます

さらに同時に 話し手さんの キラキラ光る言葉の数々を お話を伺いながら 書き留めていきます

そして

お話が終わったところで メモを見ながら内容を振り返り

話し手 聴き手の双方が詩を書き

最後にお互いが自作の詩をリーディングしあう

という流れです

あらためて書いていて

やってることのの濃さに 自分でびっくりしたわ(^_^;)


自分詩セッションにおいての 私の役割は

カウンセラーであり

インタビュアーであり

編集者であり

詩人であり

表現者 というところでしょうか


やってみてわかったのは

この 自分詩のセッション 私に向いてる!

ということ(^○^)

自分のこれまで身につけてきたスキルが

ぜーんぶ 自分詩の中にあるのです♪



何はともあれ 自分詩セッションを受けた方

もれなく 喜んでくださっているので

私としては 本当にうれしい限りです!


で 自分詩

詩ができあがってからも

いろいろな展開ができるなーということが

すでに 見えています!


そのあたりは また、あらためて(*^◯^*)

プロフィール

asako393

Author:asako393
セラピスト&アーティスト
麻子です

明治大学文学部卒業
心のセルフケアに関心を持ち、心理学を学ぶ。

2007年
産業カウンセラー資格取得

アドラー心理学、傾聴、認知行動療法、まなゆいなどをベースに
独自のセッションや講座を行っています

2015年、あたらしいアートセラピー「自分詩」を始動♪

アーティストとしては、
☆歌 絵 彫刻 衣装デザイン 詞と詩 などのジャンルで活動

また、 
☆執筆 出版企画 教育 などにも関わり 

幅広い活動で「勇気とユーモア」を発信しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。